「ヘルス」と「風俗エステ」は何が違う?性病のリスクやプレイ内容について比較して解説

ヘルスと風俗エステの違いは?

【 プレイ内容について 】

ヘルス

男性・女性が交互に責め手となり受け身となります。本番行為はありませんが、それ以外はセックスに近く、また、お客さんが本番行為を求めてくる可能性もあります。

風俗エステ

ヘルスとの一番の違いは、お店の基本サービスに「オイルマッサージやエステ」が必ず含まれるという所です。

したがって、「女性が受け身になることがない」または、「男性から攻められることが無い」「男性から攻められることが少ない」というプレイ内容になり、ヘルスとはかなり異なります。

男性は常にベッドの上に寝ていますので、一定の距離を保ち、自分のペースで進めることが出来ます。
ホココにあるお店ページの「お店のサービス内容表」を参考にしてご覧ください。

【 性病のリスク 】

ヘルス

キス・フェラ・素股(股間部分を男性性器にこすり付ける擬似本番行為)が基本コースとなりますので、性病のリスクはあります。

風俗エステ

ハンドサービスが主体ですので、性病のリスクがほぼありません。お店によっては、キス・フェラなどのオプションもありますが、勿論事前に断ることが可能です。

【 客層 】

ヘルス

過激なサービスを求める方が多いです。年齢層は幅広いです。

風俗エステ

紳士な方や、Mっぽい大人しい男性が多いです。やや年齢層は高めです。

メンズエステと風俗エステの違い 風俗エステ(営業形態)の種類 風営法・法律について 風俗エステとは?接客の流れ
風俗エステとは?
お仕事の内容について
ヘルスとの違い、接客の流れなど

スマートフォン版QR

スマートフォン版はコチラから。QRコードを読み取って下さい。